深神高広の釣りに関する臨時ニュース(神奈川県横浜市 2020年9月13日)

深神高広の釣りに関する臨時ニュース(神奈川県横浜市 2020年9月13日)

みなさん、こんにちは。
下手の釣り好き、深神高広(みかんたかひろ)です。
今回は、釣り場…としての臨時ニュースというよりは、
「神奈川県横浜市」全域における、毒魚「アイゴ」に対しての注意情報です。

先日、横浜市磯子区にある、「磯子海づり施設」にて、
本来は横浜市の南側、横須賀市~三浦市&相模湾でよく釣れる
アイゴが釣れてしまったという情報が入りました。
本来は横浜方面では釣れる魚ではないのですが…

今年は水温も高く?ひょっとしたらアイゴをはじめ、
普段釣れないような色々な魚達が北上をしている可能性もあります。
(過去にも、ゴンズイやハオコゼが横浜エリアで釣れたことがあります)
横浜市磯子区で釣れたということは、その周辺エリアや、
磯子区よりも南側(三浦寄り)では、さらにアイゴなどが釣れる可能性が
高いかもしれません。
もし、アイゴを釣ってしまった場合は…毒針に刺されないように、
素手では触らず、メゴチばさみや、ペンチなどで対応をしましょう。

…半面、アイゴはおいしい魚でもあるので、興味がある方は、
アイゴの下処理を「調べた」うえで、調理に挑戦してみてはいかがでしょうか?

<補足>
9月13日、大黒海づり施設にて「オニオコゼ」が釣れたようです。
アイゴの比にならないぐらい猛毒なので要注意です。
それにしても…いったいどうなっているんだ、今年の海は^^;

海釣りカテゴリの最新記事